活動報告

高岡商工会議所青年部人材育成部会の講演会のご報告

2017-05-01

4月25日(火)に、高岡市商工ビルにて、ダイバーシティに関する講演会を行いました。これは、高岡商工会議所青年部人材雇用委員会主催の年間を通じた事業計画の一部とのことで、今回の講演会はその皮切りになるものですが、雇用はもちろん、就業形態や働き方、雇用形態や多様な人材の活用などを検討し、地域商工業の発展に寄与することを目的としたものです。
ご依頼のあった時点から、ご担当者からは熱心なご意見をいただき、「現状を打開していきたい」という強い決意や変革への意思を感じました。「多様性を武器として、人を惹きつける企業になる」というご意向でした。
ダイバーシティとやまのこれまでの活動を振り返ると、普及啓発的な活動が多くを占めており、今回のご依頼のような具体的な組織への働きかけ、かつ、対象が県内民間企業であり、受講の対象者がその人事や採用の中核的な人たちであるということは、革新的なことだなと思いました。
この2週間ほど前にも、とある民間企業とダイバーシティに関するミーティングを行っていたことから、徐々にダイバーシティが浸透していることを実感するとともに、疑問や課題、その打開策などへの処方箋が必要になってきていることを実感しています。
ダイバーシティというと、「いろいろな人がいますよね」ということではありますが、実のところはそうでもなくて、また、企業戦略とかマイノリティ支援とか働きやすい環境づくりといったダイバーシティも多くあるものの、現実に適用させるためにはどこにポイントを置くべきなのか?というところがネックになってくると思います。

今回の講演会では、主催のご担当者の熱意を受けて、一歩切り込んだ講演を行うとともに、今後一年間を通じて行う事業計画の目標の部分についてお話させていただきました。

ダイバーシティとやまでは、ご依頼に応じて、さまざまな講演、研修、ワークショップなどを実施しています。

過去記事もご参考くださいますと幸いです。

 

 

「世界自閉症啓発デーLight it up Blue2017 五箇山菅沼合掌造り集落」開催のご報告

2017-04-22

4月2日に世界遺産五箇山菅沼合掌造り集落での世界自閉症啓発デーLight it up Blueを開催しました。

なんと6年連続好天に恵まれました!そして今年は雲一つない青空と星空の下での開催となりました。

プレイベントではとやまcocolo会さん主催の赤かぶ掘りと富大水内ゼミの学生さんによるワークショップで盛り上がりました。

その模様はこちらの写真でどうぞ。

https://www.facebook.com/Yuhsuke.Takata/media_set?set=a.1377845305587724.1073742105.100000868042955&type=3&pnref=story

 

 

さて、菅沼でのイベントは今年は日曜ということもあって、午後4時からスタートしました。

開催場所は五箇山菅沼合掌造り 食事処 与八さん。

「多様な見方を味方に~こんなに楽しい自閉症~」と題して開催しました。

第1部 自閉症体験・楽しく知ろう自閉症の世界では、富山大学人間発達科学部水内ゼミの皆さんが

自閉症のことを誰でも楽しく学べるようにいろいろなゲームで盛り上げてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左の写真は自閉症の方が描いたお菓子のパッケージ。一回見ただけでとっても正確に描けてしまう方なのです!

そして、富大人間発達科学部の水内豊和さんがゼミの皆さんのゲームを通しての学びをまとめてくださいました。

 

 

 

第2部は講演&おやじが語る自閉症の子ども自慢ということで、

最初に一般社団法人ぶれいん・ゆに~くすの伊藤あづささんの講演。

 

 

 

 

 

 

 

 

あづささんは自閉症の息子さんが生まれてから、これまでのことをとても詳しくお話くださいました。

あづささんの当日のお話のラインナップは次の通り。

・私のこと

・息子自慢をたっぷりと

・なぜ高槻に?

そして今

・Team幸太朗

 

あづささんの一貫した強い想いは「あたりまえを諦めない」

幸太朗さんを仙台から遠く離れた高槻で一人暮らしさせたのはいつまでも親と一緒は叶わないという思いからです。

知的障害があっても、自閉症でも、一人暮らしができるという「あたりまえ」を諦めたくなかったのです。

そうして、それを叶えてしまうところがあづささんのすばらしいところ。

きっと同じ思いを抱えている親御さんにとっては、どれだけ心強いことでしょう。

これから幸太朗さんがどんな自立の道を歩いていかれるのか楽しみです!

 

あづささんの講演に続くのは、おやじが語る自閉症の子ども自慢です。

お二人のお父さんが自閉症のお子さんの自慢話をしてくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

お話してくださったのは、富山県発達障碍者支援センター「ほっぷ」の鈴木勇さんと

八木小児科の八木信一さん。

お父さんならではの視点でのお話に、うんうんと頷いている方もたくさんいらっしゃいました。

ボランティアで参加してくれたベトナム人学生もとても心に残ったと話していました。

そして、コーディネーターのめひの野園の東真盛さんからのスライドはこちら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時間が足りず、お三方でのお話の時間がとても短くなってしまいました。

この続きはまた来年、ということで、来年以降の楽しみもできました。

 

 

 

 

 

 

 

こちらはゲームの時に水内ゼミの皆さんからシールを貼られるコーディネーターの東さん。

 

 

そして、日が暮れ、合掌造り集落が今年も青い光に包まれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来年も世界遺産五箇山菅沼合掌造り集落がこの優しい青い光に包まれる一日になりますように。

ご参加くださった皆さん、ありがとうございました。

 

 

地域国際化ステップアップセミナーin富山の開催ご報告

2016-12-06

11月25日(金)に、サンシップとやまにて、一般財団法人自治体国際化協会主催の平成28年度地域国際化ステップアップセミナーが開催され、ダイバーシティとやまでは、地域コーディネート団体として、企画・運営にご協力させていただきました。

プログラムは次のとおりです。
セミナープログラム

■主催者あいさつ
一般財団法人自治体国際化協会 多文化共生部長
澤田 淳一 氏

■基調講演
「ダイバーシティとは(概論)」
一般財団法人ダイバーシティ研究所/代表理事
田村 太郎 氏

「ダイバーシティがもたらすメリット」
氷見市総務部参事/ヒューマン・リソース・マネージャー
内片 素子 氏

■パネルディスカッション
「多様性(ダイバーシティ)を生かしたまちづくりと地方創生とは」
パネリスト

○四日市市笹川地区協議会/教育文化部長
関島 博 氏

○大学コンソーシアムおおいた/事務局長代理
太神 みどり 氏

○京都外国人高齢者・障害者生活支援ネットワーク・モア、
東九条まちづくりサポートセンター/事務局長
村木 美都子 氏

○一般財団法人ダイバーシティ研究所/代表理事
田村 太郎 氏

○氷見市総務部参事/ヒューマン・リソース・マネージャー
内片 素子 氏

■グループワーク
「多様性を活かしたまちづくりを考える」
総合ファシリテーター/NGOダイバーシティとやま/副代表理事
柴垣 禎 氏

詳細はこちらをご覧ください。

20161125実施報告書

当日の様子は次のとおりです。

『ダイバーシティな「見た目問題」でダルクって落語⁉』に登壇しました

2016-12-05

2016年11月20日、南砺市福野文化創造センタヘリオスで開催された『ダイバーシティな「見た目問題」でダルクって落語⁉』のステージに登壇、ダイバーシティについての講演をさせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

Smiley Tomorrow~北陸から「見た目問題」を考える~さんの主催。顔面動静脈奇形という病気で生まれた河除静香さんの呼びかけで集まった4組がステージに上りました。

河除さんについては以前ブログで書かせてもらいましたので、ぜひお読みください。

「ダイバーシティとやま」な日々 河除静香さん

4組のトップバッターは富山ダルクの皆さんによる和太鼓。

富山ダルクは薬物依存からの回復を目指すNPO法人です。

こちらも代表の林敦也さんのことをブログに書いていますので、お読みください。

「ダイバーシティとやま」な日々 林敦也さん

ダルクさんの心に響く和太鼓のあとは、河除静香さんのことを取材したドキュメンタリーを制作した三升家小たつさんによる落語。

そして河除さんの魂のこもった迫力ある一人芝居と続きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三組のすばらしいパフォーマンスに続いてのダイバーシティの講演でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

以下、観客の皆さんの感想を河除さんより送っていただきました。

◆ダイバーシティという言葉が必要な社会なんですね。その言葉が無くなるくらい、多様性のある社会が当たり前になっている日がくることを信じたいです。

◆「ダイバーシティ」の活動内容、初めて知りました。差別、私の中にもある…と思いました。ふつうって何だろう?あたりまえって何だろう…?まず想像してみる事から始めてみようと思います。思いをはせる。

◆宮田さんのプレゼン泣きました。ありがとう。

 

その後、第二部ではバリバラ特集ドラマ「悪夢」が上映され、最後に皆さんで記念撮影。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイバーシティの大切さを1人ひとりが感じることのできるすばらしい時間になりました。

主催の河除さんご夫妻、司会の高橋かずえさん、富山ダルクのみなさんに小たつさん、突然頼んだにも関わらずカメラマンを引き受けてくださった太田さん、舘さん、そしてご参加くださったみなさん、ステキな時間をどうもありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ごちゃまぜキャンプ開催のご報告

2016-11-29

2016年9月3日~4日、奥飛騨温泉郷にてコミュニティハウスひとのま&めひの野園の東さん&ダイバーシティとやまで、子どもも大人も外国人も犬も参加したごちゃまぜキャンプを開催しました。

大人14名、ベトナムとネパールからの留学生が4名、中高生8名、小学生以下4名の30名と犬一匹が参加です。

社会福祉法人めひの野園さんの保養所をお借りしての開催です。こちらは岐阜県高山市にある平湯の保養所です。天然温泉であり、とても素晴らしいロケーションです。

 

そして。。。キャンプといえば、やっぱりバーベキュー♪

まずはテントを張って、火をおこすところからスタートです。

キャンプに慣れていない子どもたちは、キャンプに慣れている大人たちの動きに尊敬のまなざしを送ります。なんかカッコイイよね!って。

いつもは料理をしない子も、今日は料理をしている人たちの中に入ってお手伝いします。苦労しながらもジャガイモや人参の皮がむけて、「やった~」としたり顔。

涙を流しながら玉ねぎを刻む場面も見られましたが、みんな涙を流しながらも、とても楽しそうです。

そんなこんなでいろいろありながらも、バーベキューの準備が整い、いよいよBBQスタートです。

 

 

 

 

 

 

 

 

子どもたちも大人も、たくさんたくさんだったので、たくさんたくさんの肉と野菜が、どんどんどんどんみんなのお腹の中に。

今回のキャンプには留学生も参加していたのですが、この留学生、手際良く丸鶏をさばいたうえに、裏山で竹を取ってきたと思えば、その竹で串を作り、焼き鳥にしてくれました。すごい!すごい!

この留学生、ベトナムからの学生だったのですが、なんでもベトナムでは当たり前にやっていたことだそうで、手際のいいこといいこと。ベトナムでの日常的な風景が平湯で見ることができるなんて、ごちゃまぜキャンプって面白い!

こういう姿を見ることができるのも、子どもたちにとっては本当にいい経験になりますね。

牛肉を食べることができないというヒンドゥー教をバックボーンに持つ留学生もいたのですが、「ムスリムの人たちが豚肉を食べられないのは知っていたけど、おいしい牛肉を食べられないなんてかわいそう!」との声。「でも、バッファローは食べるよ。すごくおいしいよ」「ええ~?バッファローを食べるの?いったいどんな味?」といった会話も飛び交い、異なる食文化や宗教などのバックボーンを持つ人たちとの食事をする楽しさを、互いに楽しみ、味わいました。

 

小さな子どもたちの間では、ケンカも始まってしまいます。

でも、大人たちがそのケンカをいきなり止めに入ることはしないのです。子どもだったらケンカをするのは当たり前。あらあら始まっちゃったよという感じで、気にはしながらも、すぐに介入する、仲裁するということはしません。

そして、そのケンカをしている子どもたちのことを気にかけるているのは、ケンカをしている子どもたちよりも、ちょっと上の学年の子どもたち。見てます、見てます。

そうですね、私たちが子どもの頃(?)、ちょっと昔だったら当たり前だったよなって思うような、学年のちがう子どもたちの縦のつながり。それが自然に生まれ、ケンカしていた子どもたちもいつの間にか仲直りして、一緒に楽しそうに遊んでいます。

ことさら大人が関わったり深入りしなくても、子どもたちが持っている自然な力は、大自然の中では自然に引き出されていく、そんな時間が流れていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のごちゃまぜキャンプのいいところは、細かなキャンプメニューのプログラムがないところでしょうか。

みんな、それぞれが、それぞれに、やりたいことをして過ごしています。

うんと話が盛り上がっている横で、子どもたちが花火をしたり、中学生や高校生が一緒に楽しく温泉に入ったり、寝転がって星を見上げたり、めったに見ることができないような一面を見せる人がいたり、大人も子どもも、そして、犬も楽しそうに走り回っていたり、その場はダイバーシティそのものといった感じです。

みんなで裸で一緒に温泉に入る文化はネパールやベトナムにはないんだねって、留学生たちの話を聞いて、びっくり驚く子どもたち。

逆に、みんなで一緒に裸になってお風呂に入るなんて、絶対無理だよっていう留学生。文化のちがいを肌で感じる子どもたちでした。

星座に詳しいネパール出身の留学生は、ネパールでは本当に星がきれいだという話を、寝転がりながら、星を見上げて話してくれます。満点の星空の中、天の川がくっきりと見えて、見える星の数が本当に半端ないのだそう。

私たちにとっては、奥飛騨の山の中で見る星のきらめきでも圧倒されちゃいますが、それより何倍も何倍もすごいと聞くと、想像が膨らみ、いったいどんなところなんだろうと、世界の大きさに思いが広がります。

そして、この日は月が見えなかったのですが、それぞれの国で月の中に見えるものがちがうらしく、それぞれの国の月では一体、何がいる?という話でも盛り上がりました。

キャンプをする中、ひとつひとつの場面で、ちょっとしたちがい、だけど大きなちがいを知ることができるとても貴重な機会になりました。

笑い声がいつまでも響く中、夜は更けていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

夜更けまで、尽きることなく話をしていた子どもたち。一夜明けても、みんな本当に元気です。子どもたちは、朝からスタックラインで盛り上がってます。大人も挑戦するものの、なかなかうまくいきません。気持ちはすっかり童心に戻った大人ですが、運動神経は子どもには戻れないみたいですね!

わいわいと遊んでいるうちにも朝ごはんの時間です。キャンプの朝は、やっぱり朝カレー。天然の調味料がふんだんに盛り込まれ、美味しいのなんの。

こちらは平湯、もちろん朝からのんびりと温泉に入って、リラックスしてくつろいでいる人もいます。

大人も子どもも、一緒にケイドロして思いっきり走ったり。参加した全員が、本当に心の奥のヒダヒダまでリラックスした時間を過ごしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、川での水遊びをしたり、平湯大滝へも行きました。

多様なバックボーンを持つ人たちと、寝食を共に、同じ時間を共有できるキャンプは、教室の中で机を並べて勉強するよりも、はるかにたくさんのことを学ぶことができそうですね。

1泊2日のごちゃまぜキャンプの中で、新たな出会いもたくさん生まれました。

国境を越えて友だちになった人、ケンカしていたけどすっかり仲良くなった子どもたち。

そのつながりは、今もしっかり続いています。

 

今回、このようなキャンプを開催できたのは、キャンプの場所をお世話してくださっためひの野園の東真盛さんのおかげでもあります。

東さん自身、めひの野園の利用者さんたちと、こちらで非日常を過ごす大切さを知っていらっしゃるからこそ、コミュニティハウスひとのまに集うさまざまな子どもたちや、富山で学ぶ留学生にもステキな時間を過ごしてほしいと、今回、この場所を提供してくださいました。東さん、本当にありがとうございました。

来年も皆さんとコラボしたごちゃまぜキャンプ、ぜひ開催したいと思っています。興味のある方は、ぜひお問い合わせくださいね。

 

 

「ほめる!が輝かせる!子育てセミナー」開催のご報告

2016-10-17

10月15日(土)に、サンシップとやまにて、「ほめる!が輝かせる!子育てセミナー」を開催しました。
セミナーの講師として、NGOダイバーシティとやまではお馴染みの「おやじさん」こと、薄井修司さんにお越しいただきました。薄井さんはご存知のとおり、株式会社ウェルネスサプライ代表取締役としてのご活躍をはじめ、真おやじ塾の塾長さんであるほか様々な顔をお持ちですが、本日は、一般社団法人日本ほめる達人協会大阪支部長としてお越しいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

「ほめる」ということが、良好な人間関係を築いていくキーワードになるということですが、もちろん、ただ「ほめ」ていればいいというものではなく、奥深い世界を示してくださいました。

まずは、社会の現場で起きていることとして、若者が就職する、働くというところに着目してのお話から始まりました。学生が会社に求められていると考えていることと、会社が学生に求めていることのギャップ、一定規模で推移する離職率、「就職=ゴール」という目標設定によるミスマッチ、家庭の中で培われるべきものが就活時に問われていると自問する誤解などなど、小さなことの積み重ねが「働く」ということを難しくしてしまっているということです。もちろん親の理解や世代間のギャップ、社会情勢の変化なども、その要因として加わってきます。
原因がひとつではないところがやっかいなことではありますが、さまざまな事象を丁寧に紐解き、「ほめる」という手法に徐々に収斂されていきます。

詳しくは、ぜひ「ほめる達人」すなわち「ほめ達」さんを招へいされて、お話をお聞きすることをオススメいたしますが、キーワードとなることは、「価値の発見」とのことです。
その人のいいところを発見する、そしてそこに「ほめる」言葉を注ぎ込む。もちろん注ぐための前提条件もありますし、注ぎ方もあります。しかし、基本となる部分は、すっきりと芯が通っていて、とてもわかりやすく、そして、すぐにでも誰にでも実行可能なものです。

そして、おやじさんのお話を聞くだけでなく、実際にワークを実践してみることで、参加者の一人ひとりの笑顔が輝き、納得の瞬間も味わえました。

「そうか、ほめるってことは、こういうことなんだな」、「こんなにも実効性のあることなんだ」と実感です。また、おやじさんには、参加者一人ひとりからの質疑や感想にも丁寧にお答えいただき、とても内容の深いセミナーとなりました。

セミナー後は、有志による懇親会も開催いたしました。夜が更けるに連れて、さらに深みを増していくおやじさんの渋味を味わう大変有意義な時間を持つことができました。おやじさん、参加者のみなさん、本当にありがとうございました。
今回、おやじさんにお越しいただいたのは3回目となりますが、次回は、また異なる側面を持つおやじさんをお迎えしたいと思っています。
その際は、またのご参加をお待ちしております。

ダイバーシティ・カフェvol.13 開催のご報告

2016-08-28

2016年8月17日に第13回のダイバーシティ・カフェを開催しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

語り部はDadò美鈴さん。美鈴さんは海外へ出て25年、そして今はスイス人のご主人とお子さんたちと一緒にスイスに住んでいらっしゃいます。

美鈴さんのことを綴ったブログ記事はこちら

http://blog.canpan.info/diversityt/archive/155

 

美鈴さんは子どもの頃から英語が大好きでした。中学校の時に、カナダにホームステイして、完璧な英語を話さなくても、単語をつなげるだけでも会話が成り立つ経験して、もっと英語が好きになりました。そしてやればやるほど英語が好きになっていきました。

ホームステイを経験したのは計7回。アメリカ、カナダ、ニュージーランドでも経験しました。その中で思ったのは、やはり耳で聞いているのと実際に経験するのとでは全然ちがうということです。ハンバーガーショップのコーラがバケツみたいに大きいのも、直に見ると本当にびっくりでした。そういうこと一つ一つに感動しました。

自由の国アメリカもマイノリティ(多数派に対しての少数派)には住みにくい部分があると、実際に住んでみて初めて分かることでした。それに比べて、ニュージーランドはマイノリティにとってもとても住みやすいところでした。

そうして運命的にスイス人のご主人に出会った美鈴さんは、今度はヨーロッパでイタリア語を学ぶことになりました。けれど、語学をやればやるほど、受験のための英語の学習では100年やっても話せないと思うのでした。

 

そして話すための語学学習の方法を美鈴さんなりに模索中。ダイバーシティ・カフェの中では、美鈴先生による簡単イタリア語講座も開講されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

楽しくてあっという間に単語を覚えちゃう、そんなやり方で、参加者全員あっという間に5つのイタリア語単語を覚えてしまいました。学べる時期に使える言葉を学ばないともったいない、と美鈴さん。美鈴先生のやり方なら、英語嫌いな子はいなくなるかもしれません。美鈴先生の語学教室を体験したい方は、美鈴さんが富山に帰省される来年夏までお待ちください。

 

参加者からの質問コーナーでは、スイスについていろいろな質問が出ました。同じ国の中でいくつもの言語を使うスイス。新しいものを生み出すのが得意なスイス。食べ物に対してはあまり冒険はしない国で、日本人の方が食いしん坊。そんな話がいろいろ出ました。

 

海外に出てからは常に違いが身近にある二十数年でした。ある国の常識が別の国では非常識。だから大切なのは自分軸をしっかりと持っていること。その上で寛容性を持つこと。他の文化を否定しては、何も新しいものが生まれてきません。寛容であることが、新たなものを生み出す土壌になるのだと美鈴さんは考えています。

 

好きな国はニュージーランド、旅行するならギリシャ、日本だったら石垣島。でも、最近になってふるさとの富山もいいなと思うようになりました。天国はどこにあるんだろうということもずっと考えてきました。でも結局、天国という場所があるわけではない。それは自分で作る出すものなのだ、そう思えるようになりました。

 

美鈴さんは、この夏、自分の本も出しました。「ひらめきノート」と名付けられたA4版の素敵な本です。美鈴さんのアイディアがいっぱい詰まったこの本、ぜひ手にとってくださいね!

こちらは表紙                中をめくると美鈴さんのかわいいイラストがいっぱい♪

 

「世界自閉症啓発デーLight it up Blue2016 五箇山菅沼合掌造り集落」開催のご報告

2016-04-24

 

5年目を迎えた世界遺産五箇山菅沼合掌造り集落での世界自閉症啓発デーLight it up Blue、今年も晴天に恵まれた一日になりました。

日中はとやまcocolo会さん主催のプレイベントで五箇山の魅力をたっぷり堪能できる時間となりました。

プレイベントの写真集↓

https://www.facebook.com/yuhsuke.takata/media_set?set=a.1063504593688465&type=3

 

 

そして、日が暮れ、菅沼が徐々に青く・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年はオープニング演奏、「ガブリエルのオーボエ」をトークセッション会場の吾郎平さんの前で演奏していただきました。

演奏は、オーボエ・土合克匡さん、ピアノ・山田善博さん。美しい音色が青に照らされた合掌造り集落に響きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして吾郎平さんの中で「つなぐ・つながるギャラリー&トークセッション」が始まりました。

写真は自閉症・発達障がいの皆さんが五箇山をプロデュースした作品の数々です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

田中市長も五箇山カクテルを美味しいと飲んでくださいました。

コーディネーターは今年も社会福祉法人めひの野園うさか寮施設長の東真盛さんと富山大学人間発達科学部准教授の水内豊和さん。お二人と、多機能型事業所 花椿かがやきの支援職員 長岡由洋さんが自閉症・発達障がいの皆さんがプロデュースしたステキな作品をご紹介くださいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、作品についての講評を県会議員の武田慎一さんと田中市長にいただきました。

今年は「つなぐ・つながる」がテーマということもあり、神戸と名古屋を結んでのスカイプ中継も試みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

神戸からは夢響村塾とやま本気の百姓の上野起与人さんが、名古屋からは「ぼくらの発達障害者支援法」の著者でもあるカイパパこと鈴木淳さんがスカイプ中継でそれぞれの場所の様子を伝えてくださいました。

映し出される映像に菅沼の会場も盛り上がりました。

ここまでの様子はこちらの動画でもご覧いただけます。

https://youtu.be/XKmOeB-ztSc

 

続いてはトークセッションです。

 

 

 

 

 

 

 

今回トークセッションのファシリテーターは高岡のコミュニティハウスひとのまの宮田隼さんにお願いしました。

まずは水内先生からの投げかけです。

「日本がもし100人の子ども村だったら」という視点からお話いただきました。

日本が100人の子どもだったら、100人のうち7人はLGBTで、100人のうち5人はADHDで…

そんな風に生きづらさを抱えた子がたくさんいるんだよ、でも100人の子どもたちは1人ひとりもちろんちがって大切な存在なんだよ、ということを具体的に実感できるお話でした。

詳しくはこちらの動画をご覧ください。

https://youtu.be/FMz0Wth22Ao

その後、トークセッションに移り、ひとのまの宮田さん、水内先生、めひの野園の東さん、田中市長のお話が繰り広げられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひとのまの宮田さんは、日頃からさまざまに生きづらさを抱えた方と接しています。第一部では自閉症・発達障がいの特性を活かして、五箇山をプロデュースした作品を作っていただいたわけですが、宮田さんが日々接している方はその特性ゆえに、外に出られなくなってしまったり、家族や近所の人に理解してもらえなかったりしているケースがたくさんあります。そんな彼らが、自ら外に出たいと思った時に、外とつながるためにはどうしたらいいだろうかという問いかけがありました。

水内さんからは引きこもっている人に対して、今は家にいながらも外につながることができるので、そこから始めていくのもいい方法というお話がでました。ICTは水内さんが大学でまさに取り組んでいる分野です。オンラインでつながり、その後リアルな世界に出ていくというのもこれからの時代には適しているのではないかというお話でした。

東さんは、共感しあうというのはとても難しいものだということ、無理な期待をしないことをちゃんと心にとめておくことの大切さをおっしゃいました。それを心にとめたうえで、「あの人は発達障がいだから」で済ませてしまうのではなく、「その人」そのものをちゃんと見ていくことが大切だとおっしゃいました。そのためにも、地域社会が寛容でなければならない。小さな失敗を笑って受け入れる土壌があれば、大きな失敗は防げるはずで、小さな失敗に目くじらを立てている私たちの方に問題がたくさんあるのだということを指摘してくださいました。

田中市長は「どうして引きこもってるの?」などと原因を探るのはもっての他で、興味のあるところでゆるくつながっていくことの大切さをおっしゃいました。そして教育現場でも例えば35人学級だったらみんな一斉に同じことをするではなく、1対1の関係を35通り作るべきだと。もちろんそれは現場は大変だろうけど、行政として頑張るということもおっしゃっていただけました。南砺市の今後の動きに大いに期待ですね。

そして、その後は会場からもご意見をいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、この世界自閉症啓発デー応援のセルフィサインを高岡市、射水市、氷見市、小矢部市の各市長さんからいただいていたのですが、当日は田中市長にサインをいただきました。そして、残った皆さんと一緒に集合写真。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年もとても素晴らしい4月2日になりました。

来年はぜひ皆さんと五箇山菅沼合掌造り集落でお会いしましょう。

「在住外国人による富山の魅力多言語発信事業報告会」開催のご報告

2016-03-31

北陸新幹線開業により、ぐっとアクセスがよくなり、心理的にも、とっても近い存在になった富山県。
このため、富山県では、「観光やビジネス等で訪れるお客様の受入体制を充実させ、富山県を訪れる方々に『また来たい!』と心から感じていただけるよう、『休んでかれ(=休んでいってください)。』宣言に取組んでいます。」とのことです。

(「休んでかれ。」のウェブサイトはこちら)

http://www.yasundekare.jp/

これはいい!

富山にお住まいの外国人のみなさんは、富山の魅力を十分に知っているだろうか?海外にお住まいのみなさんは、富山のことを知っているだろうか?
こんなにたくさんの事業者のみなさんが「休んでかれ。」宣言に登録し、富山に訪れるお客さんの受け入れ体制を充実させようと機運を高めている。

ぜひ、多言語で発信しなくては!

ということで、富山県在住の外国人のみなさんに、登録事業者のみなさん(飲食店、観光スポット、伝統芸能などなど)のところにお邪魔していただき、直接、事業者のみなさんからお話をお聞きし(外国人が事業者を取材)、これを多言語に翻訳してインターネット上に発信する事業を始めました。

とりあえずは、年明けの1月から3月まで、お試し期間として「富山の魅力多言語発信事業」として実施しました。

取材エリアは富山市中心ですが、取材箇所は、なんと36事業者!そして、発信言語は中国、韓国、ネパール、ベトナム、台湾、モンゴル、ロシア、フランス、ポルトガルの9言語です。短期間で集中的に取材活動を行っていただきました。

取材内容はfacebookに特設サイトを開設し、情報発信をしていますので、詳しくは、そちらをぜひご覧ください。
https://www.facebook.com/yasunde.toyama/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

取材先のリストだけ、こちらでご紹介させていただきます。以下、敬称略で順不同ですが、みていただくと、「うぉー!こんな充実した多言語ガイドブックは、日本中、どこ探してもないぞ!」ということが一目瞭然かと思います。

観光物産センターCIC、富山環水公園、癒楽甘「春々堂」、富山県水墨美術館、廣貫堂資料館、池田屋安兵衛商店、富山市立図書館、まちの駅「物産館」、鈴木亭、大和、ますの寿しミュージアム、富山きときと空港、公共交通センター、富山市観光協会、森家、しゃみせん楽屋、麺家いろは、富山駅「とやま観光案内所、河内屋、エコロの森、七越、マリエ富山、ねむり屋「大郷」、ホテルパークイン、太閤の湯、北電ワンダーラボ、餅とお菓子ほんごう、海王丸パーク、山口書店、竹田精肉店、手づくりハウス「くれよん」、くれは製菓、富山市民俗民芸村「とやま土人形工房」、新湊きときと市場、よつの葉

どうですか、この堂々たるラインナップ。富山県在住の富山大好き富山フリークの方でも、こちらのすべてを訪問したことがある方はなかなかいらっしゃらないのではないでしょうか?

こんな富山の魅力を多言語で海外へ、国内の外国人に向けて発信していることを、少しでも多くの人に伝えたい、外国人自身の口から富山の魅力を聞いてみてほしいということから、今回の報告会を企画しました。
インバウンド効果を狙う人もいらっしゃると考え、開催案内のチラシには、そうした文言も盛り込みました。

とき:3月26日(土)13:30~16:00
ところ:サンシップとやま701号

当日は、約20数名の方にご参加いただき、外国人の目から見た富山の魅力について、実際に取材活動に携わった方など5名の外国人にご登壇いただきました。
ファシリテーターは、一般財団法人ダイバーシティ研究所の客員研究員の肩書きの柴垣さんにお願いしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

その内容は、やはりというか狙いどおりというか、ここまでディープな富山を味わったことがないというお話をたくさんいただき、土人形作りや三味線などの実際に体験しての感想も多くありました。
また、日本人とってみると当たり前ことですが(もしかしたら、今の若い世代にとっても珍しいことなのかもしれませんが)、個人経営の精肉店や製菓店で、実際にその店内で肉を捌いたり、お菓子作りをしていることに驚いたという声もありました。
食肉加工や製菓というものは、どこか遠くの大きな工場で行っているというのが一般的認識になっているようでした。確かに、街なかの精肉店で、揚げたてのコロッケをはふはふさせながら頬張るということも、少なくなってきたかもしれません。これは現代社会の分業体制についても考えさせられる発言でした。

後半の会場参加者とのやりとりでは、具体的な事業に活用したいのだけど、外国人の目から見た場合、どのようなプレゼンテーションがいいかといったような、インバウンド効果を狙う方の質問も何人の方からあり、報告会の企画も達成されたところでした。(具体的な質問内容は、事業者が特定されるおそれもあるため、ここでは伏せさせていただきますね。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北陸中日新聞

 

 

 

北日本新聞

 

さて、この企画ですが、継続開催について現在思案中です。みなさまからのご提案もお待ちしております!

ダイバーシティ・カフェvol.12 開催のご報告

2016-02-08

12月18日(金)に、射水市太閤山コミュニティセンターで、第12回のダイバーシティ・カフェを開催しました。
今回の語り部は、想いをつなぐ人、キャンナス高岡代表の江畑美由紀さん。

 

 

 

江畑さんのこれまでの歩みは、こちらのブログもご覧ください。

「ダイバーシティとやま」な日々 江畑美由紀さん
http://blog.canpan.info/diversityt/archive/166

いきなりクライマックスですが、今日のカフェは笑いの涙あり、感動の涙あり、悲喜交交の涙ありのクロスオーバー。なんなんですかね!これこそが江畑さんのお人柄の真骨頂でしょう(笑)

衝撃的な本の紹介から始まったカフェ。
「ここからしか語ることができません!」「やっぱりここからです」と、本を片手に話し始める江畑さん。
よくよく考えると不思議な話なのですが、江畑さんは、「ちょっとそれは辛いよね」と、一言で「ツライ」と片づけるには、あまりにも多くのシンドイ経験を重ねています。なにが不思議かというと、今の江畑さんを見てしまうと「それは大変だったね」と、一言で言いたくなってしまうことなのです。

「ここからしか語ることができません!」
そう言い切ってしまうことが、回りまわって江畑さんの周囲の人を幸せにしているのかもしれません。江畑さんの力量が、周囲の人のシンドさも、軽くしているのかもしれません。

今回のカフェでは、江畑さんの個人的な経験はもちろん、さまざまな人との出会いもお聞きしました。江畑さんが敬愛していらっしゃる人のお人柄もお聞きしましたし、「江畑一人旅」から、さらにつながった人のお名前もたくさんお聞きすることができました。
人と人が出会い、気持ちを共有し、次への一歩を踏み出していく力を共にしていくということが、本当に大切なことなんだなぁーと思うに至るお話のひとときでした。

江畑さんは、臨床美術士でもあり、今回は短い時間ながら、参加者にその魅力を十二分に伝えていただきました。
そこでも、描き方や道具の使い方ではなく、白紙に向かった人が、どのように自分がその白紙に向かうのか、もしくは、その白紙に向かうという気持ちすら捨てて、描いていくことができるのか、ということを、ナビゲートいただきました。思い思いに描いていく線や色に、江畑さんが一言ひとこと色合いを加えていただき、江畑さんと共に作品を作り上げていく喜びを感じることができました。

こんな江畑さん。まだまだ私たちを楽しませて(?)くださいます予感に満ち満ちています。
さてさて次の一歩も、私たち、遅れずついて行きますよ!

« Older Entries

Copyright© ダイバーシティ All Rights Reserved.



発達障害